• 先見労務管理
  • 管理・監督者のための実践情報誌
  • 労働調査会の定期刊行誌
  • 雇用管理・賃金管理を中心に豊富な情報を掲載
  • 難しい法律改正の内容を専門家が分かりやすく解説
  • 実務担当者に役立つ今日的な人事労務問題をタイムリーに紹介
  • 日常の労務管理に欠かせない各種統計資料も多数掲載
  • リアルな「労務相談」、シリアスな「労働判例」など必見の連載が満載

先見労務管理

  • 労働調査会
  • 読者会員専用サイト

本サイトは、定期刊行誌「先見労務管理」の読者会員専用サイトになります。発行いたしましたユーザーID、パスワードでログインできます。

新しくご入会をご希望される皆様には、本誌のご購読お申し込みの後に、閲覧のためのユーザーID、パスワードが発行されます。

定期誌・読者会員様 限定の書籍割引販売のご案内(2017年1月より受付スタート)

先見労務管理管理・監督者のための実践情報誌

雇用管理・賃金管理を中心に、事例紹介や運用実務を解説しています。特集では、人事・労務担当者に役立つ今日的な人事労務問題をタイムリーに紹介。日常の労務管理に欠かせない各種統計資料も多数掲載しています。また、「労務相談室」では、読者からの問合せに対し、専門の担当者が、労務管理上の問題解決のノウハウや各種資料データを、電話、FAXなどでお答えしています。

管理・監督者のための実践情報誌【先見労務管理】
~好評の別冊付録(最近の配布例より)~
  • 最新版モデル退職金
  • 人事院勧告にみる民間給与実態と俸給表
  • 組織マネジメント入門
  • 改正均等法のQ&A
  • 最近の労務相談事例
  • 採用から退職までの社内文書例
  • 改正均等法性差別禁止に関する指針

B5判/64頁/月2回(10日・25日)発行

年間購読会費 61,600円(本体 56,000円 + 消費税 5,600円)

最新号「2019年10月10日号」ダイジェスト先見労務管理

特集障がい者が安心して長く働ける職場を目指して

障がい者の社会進出と就労の定着を支える支援

 障がい者雇用をより促進するためには「安心して長く働ける職場」を創出することが重要とされていることから、障がい者雇用支援を行う企業や仕組みが多数創出されている。ここでは株式会社スタートライン(本社:東京都三鷹市)の行う屋内農園型障がい者雇用サービス「IBUKI」を紹介するほか、9月11日に東京都、東京労働局、独立行政法人高齢・障害・求職者雇用支援機構東京支部が開催した「中小企業のための障害者雇用支援フェア」で行われた公演や表彰式等の様子や「平成30年度障害者雇用実態調査」の結果も併せて掲載する。

News

  • 平均額は84万5453円で過去2番目の高水準(厚生労働省・令和元年「民間主要企業夏季一時金妥結状況」)
  • 2018年の年休取得率は7割超す(経団連の「労働時間等実態調査」)
  • 新厚労相に加藤勝信氏が就任(働き方改革担当兼務で2度目の任命)
  • 若者の雇用政策の課題や今後の在り方を議論(若者雇用促進法の検討を見据えた新たな研究会を立ち上げる)
  • 世帯間の所得格差 わずかに改善(厚労省の所得再分配調査結果)
  • 企業の約7割が経営に「影響あり」(JILPTの人手不足に関する調査)
  • 35人の新卒者の内定取消し(1事業所の名称を公表 厚労省)
  • 積極的採用と定着で五色会が最優秀賞(厚労省の「高年齢者雇用開発コンテスト」)
  • トラック運転者向けセミナー情報を発信(運転者の労働改善に向けてサイト開設)
  • 男性の育休義務化に半数以上が賛成(エン・ジャパンの男性育休アンケート)
  • 労働経済指標

特集トピックス

障害者雇用促進法施行規則の一部改正に関する通達を発出

障害者雇用率の算定対象障害者であるかどうかを 確認する書類とその保存方法などを具体的に規定

判例詳解

連載215 東京電力ホールディングス他被告事件(令元・6・26 福島地裁いわき支部判決)

原発復旧作業の退避希望拒否の精神的苦痛に計33万円

(実践女子大学非常勤講師 清水 弥生)

連載我が国の人事・労務管理のルーツを探る・第3部

第7回 江戸時代のサラリーマンの生活

牛の子とすれ違い、三留野に到る(旅の3日目から4日目まで)

(栩木 敬)

連載税務相談百例

連載< 218 >

プレミアム付き商品券とキャッシュレス・ポイント還元

(税理士 野村 浩子)

労務相談室

  • 労働基準法所定労働時間中のけがの休業補償/けがをした当日は休業日に算入するのか

【先見労務管理】読者会員専用サイトでは以上の記事の全文(PDF)を閲覧できます。

2019年10月10日号の目次(PDF)はこちら