• 先見労務管理
  • 管理・監督者のための実践情報誌
  • 労働調査会の定期刊行誌
  • 雇用管理・賃金管理を中心に豊富な情報を掲載
  • 難しい法律改正の内容を専門家が分かりやすく解説
  • 実務担当者に役立つ今日的な人事労務問題をタイムリーに紹介
  • 日常の労務管理に欠かせない各種統計資料も多数掲載
  • リアルな「労務相談」、シリアスな「労働判例」など必見の連載が満載

先見労務管理

  • 労働調査会
  • 読者会員専用サイト

本サイトは、定期刊行誌「先見労務管理」の読者会員専用サイトになります。発行いたしましたユーザーID、パスワードでログインできます。

新しくご入会をご希望される皆様には、本誌のご購読お申し込みの後に、閲覧のためのユーザーID、パスワードが発行されます。

定期誌・読者会員様 限定の書籍割引販売のご案内(2017年1月より受付スタート)

先見労務管理管理・監督者のための実践情報誌

雇用管理・賃金管理を中心に、事例紹介や運用実務を解説しています。特集では、人事・労務担当者に役立つ今日的な人事労務問題をタイムリーに紹介。日常の労務管理に欠かせない各種統計資料も多数掲載しています。また、「労務相談室」では、読者からの問合せに対し、専門の担当者が、労務管理上の問題解決のノウハウや各種資料データを、電話、FAXなどでお答えしています。

管理・監督者のための実践情報誌【先見労務管理】
~好評の別冊付録(最近の配布例より)~
  • 最新版モデル退職金
  • 人事院勧告にみる民間給与実態と俸給表
  • 組織マネジメント入門
  • 改正均等法のQ&A
  • 最近の労務相談事例
  • 採用から退職までの社内文書例
  • 改正均等法性差別禁止に関する指針

B5判/64頁/月2回(10日・25日)発行/年6回別冊付録つき

年間購読会費 60,480円(本体 56,000円 + 消費税 4,480円)

最新号「2018年8月10日号」ダイジェスト先見労務管理

特集「骨太の方針2018」のポイント

長時間労働是正や同一労働同一賃金を実現

 政府が6月15日に公表した「経済財政運営と改革の基本方針2018」(骨太の方針2018)について安倍首相は、「働き方改革の実行・実現、一定の専門性・技能を有し、即戦力となる外国人材に関する新たな在留資格の創設などの方針を明記した」と説明する。「骨太の方針2018」では、多岐にわたる当面の施策の概要などが示される。この中で働き方改革の推進に関しては、「戦後の労働基準法制定以来、70年ぶりの大改革を行う」と宣言し、「長時間労働の是正」や「同一労働同一賃金」の実現、「高度プロフェッショナル制度」の創設に向けた様々な施策が示された。また、新たな外国人材の受け入れ策として、即戦力とすることを目的とした新在留資格を創設することなどを掲げている。特集では「骨太の方針2018」より「多様な人材の活躍」「働き方改革の推進」「新たな外国人材の受け入れ」の項目に絞り、方針のポイントを紹介する。

News

  • 妥結額は8539円、アップ率は2.53%(経団連・大手の賃上げ最終集計)
  • 企業の労働時間管理の難しさ指摘(副業・兼業の際の労働時間管理検討会)
  • 改正健康増進法が成立、20年4月全面施行(都条例の飲食店規制は国より厳しく)
  • 300人未満企業で総労働時間増加(経団連が労働時間調査の結果を公表)
  • 労働経済指標

判例詳解

連載201 株式会社サニックス事件(平30・2・22 広島地裁福山支部判決)

研修中の労働者の負傷に安全配慮義務違反

(実践女子大学非常勤講師 清水 弥生)

連載労働局NEWS

都道府県労働局の最新トピックをお届けします

NO.63

連載続・我が国の人事・労務管理のルーツを探る

今につながる、日本人の知恵

第30回 三井家の奉公人の労働条件(30)―奉公人の食事のこと その5―

(栩木 敬)

連載税務相談百例

<連載205 >

路線価、公示地価等の評価額について〜1物4価とは〜

(税理士 松岡 基子)

ファイルデータファイル

景況感、雇用環境等の意識調査

1年後の雇用・処遇の不安は改善傾向

日本銀行調べ

ファイルデータファイル

平成29年「退職金、年金及び定年制事情調査」

約3割の企業が再雇用時の賃金「50%未満」

中央労働委員会調べ

労務相談室

  • 労働保険徴収法労働保険の一括有期事業とは/どういうものをいうのか

【先見労務管理】読者会員専用サイトでは以上の記事の全文(PDF)を閲覧できます。

2018年8月10日号の目次(PDF)はこちら