• 先見労務管理
  • 管理・監督者のための実践情報誌
  • 労働調査会の定期刊行誌
  • 雇用管理・賃金管理を中心に豊富な情報を掲載
  • 難しい法律改正の内容を専門家が分かりやすく解説
  • 実務担当者に役立つ今日的な人事労務問題をタイムリーに紹介
  • 日常の労務管理に欠かせない各種統計資料も多数掲載
  • リアルな「労務相談」、シリアスな「労働判例」など必見の連載が満載

先見労務管理

  • 労働調査会
  • 読者会員専用サイト

本サイトは、定期刊行誌「先見労務管理」の読者会員専用サイトになります。発行いたしましたユーザーID、パスワードでログインできます。

新しくご入会をご希望される皆様には、本誌のご購読お申し込みの後に、閲覧のためのユーザーID、パスワードが発行されます。

先見労務管理管理・監督者のための実践情報誌

雇用管理・賃金管理を中心に、事例紹介や運用実務を解説しています。特集では、人事・労務担当者に役立つ今日的な人事労務問題をタイムリーに紹介。日常の労務管理に欠かせない各種統計資料も多数掲載しています。また、「労務相談室」では、読者からの問合せに対し、専門の担当者が、労務管理上の問題解決のノウハウや各種資料データを、電話、FAXなどでお答えしています。

管理・監督者のための実践情報誌【先見労務管理】
~好評の別冊付録(最近の配布例より)~
  • 最新版モデル退職金
  • 人事院勧告にみる民間給与実態と俸給表
  • 組織マネジメント入門
  • 改正均等法のQ&A
  • 最近の労務相談事例
  • 採用から退職までの社内文書例
  • 改正均等法性差別禁止に関する指針

B5判/64頁/月2回(10日・25日)発行

年間購読会費 61,600円(本体 56,000円 + 消費税 5,600円)

最新号「2021年1月10日号」ダイジェスト先見労務管理

特集新春特集

2021年のキーワード

必須となる4つのキーワードを解説

 2021年がはじまりました。新年最初の特集は毎年恒例となりました、年間のキーワードを押さえます。本年は①ジョブ型、②テレワーク、③情報セキュリティ、④70歳現役社会――の4つのキーワードについて、それぞれ識者の方々に解説いただきました。 ①ジョブ型   濱口 桂一郎 ②テレワーク   木村 恵子 ③情報セキュリティ   浅見 隆行 ④70歳現役社会   田中 朋斉

News

  • 出向元・先企業の双方に新助成金(政府が総合経済対策を閣議決定)
  • 長時間・過重労働の相談が約2割(「過重労働解消ダイヤル」の相談結果)
  • 大卒の事務系は21万8472円(経団連・新卒者の初任給調査結果)
  • 出産申出た労働者への取得働きかけを義務に(厚労省、育児休業取得促進策の具体案示す)
  • 休暇制度導入の中小事業主に助成など(不妊治療と仕事の両立に向けた方針示す)
  • ベア「3000円以上」が基本(金属労協が21年春闘方針を決定)
  • 推定組織率17.1%、11年ぶり上昇(厚労省・20年労働組合基礎調査結果)
  • 個々の労働者がパワハラに意識を(厚労省・職場のハラスメント対策シンポジウム)
  • 土田東京労働局長が中小企業を視察(「過重労働解消キャンペーン」の一環で)
  • 労働経済指標

特集年頭所感

2021 年頭所感

判例詳解

連載230 明治機械事件(令2・9・28 東京地裁判決)

3回の試用期間延長後の解雇は権利濫用で無効

(実践女子大学非常勤講師 清水 弥生)

連載事業継続に備える!感染症BCP策定の教科書

第3回 感染予防対策の整理

ガイドラインをもとに対策を検討・実行し、深刻度に応じたフェーズごとに整理する

(MS&ADインターリスク総研株式会社 リスクマネジメント第四部 事業継続マネジメントグループ 内山 和佳奈)

連載我が国の人事・労務管理のルーツを探る・第3部

第22回 江戸時代のサラリーマンの生活

「桑名日記」でみる肉食・食事の風景 その2

(栩木 敬)

連載税務相談百例

連載< 232 >

確定申告が必要な所得と誤りやすい事例

(税理士 松岡 基子)

ファイルデータファイル

令和2年「賃金引上げ等の実態に関する調査」

1人平均賃金改定額は4940円、改定率は1.7%で共に前年より低下

厚生労働省調べ

労務相談室

  • 労働者派遣法派遣労働者が自宅でテレワーク実施/派遣契約で派遣労働者の自宅住所を定めるのか

【先見労務管理】読者会員専用サイトでは以上の記事の全文(PDF)を閲覧できます。

2021年1月10日号の目次(PDF)はこちら