• 先見労務管理
  • 管理・監督者のための実践情報誌
  • 労働調査会の定期刊行誌
  • 雇用管理・賃金管理を中心に豊富な情報を掲載
  • 難しい法律改正の内容を専門家が分かりやすく解説
  • 実務担当者に役立つ今日的な人事労務問題をタイムリーに紹介
  • 日常の労務管理に欠かせない各種統計資料も多数掲載
  • リアルな「労務相談」、シリアスな「労働判例」など必見の連載が満載

先見労務管理

  • 労働調査会
  • 読者会員専用サイト

本サイトは、定期刊行誌「先見労務管理」の読者会員専用サイトになります。発行いたしましたユーザーID、パスワードでログインできます。

新しくご入会をご希望される皆様には、本誌のご購読お申し込みの後に、閲覧のためのユーザーID、パスワードが発行されます。

定期誌・読者会員様 限定の書籍割引販売のご案内(2017年1月より受付スタート)

先見労務管理管理・監督者のための実践情報誌

雇用管理・賃金管理を中心に、事例紹介や運用実務を解説しています。特集では、人事・労務担当者に役立つ今日的な人事労務問題をタイムリーに紹介。日常の労務管理に欠かせない各種統計資料も多数掲載しています。また、「労務相談室」では、読者からの問合せに対し、専門の担当者が、労務管理上の問題解決のノウハウや各種資料データを、電話、FAXなどでお答えしています。

管理・監督者のための実践情報誌【先見労務管理】
~好評の別冊付録(最近の配布例より)~
  • 最新版モデル退職金
  • 人事院勧告にみる民間給与実態と俸給表
  • 組織マネジメント入門
  • 改正均等法のQ&A
  • 最近の労務相談事例
  • 採用から退職までの社内文書例
  • 改正均等法性差別禁止に関する指針

B5判/64頁/月2回(10日・25日)発行

年間購読会費 61,600円(本体 56,000円 + 消費税 5,600円)

最新号「2020年5月25日号」ダイジェスト先見労務管理

特集2020年夏季一時金予想

1 解説/2020年夏季一時金の展望

リーマンショック以来の減少幅と見込む

 特集1では、三菱UFJリサーチ&コンサルティング調査部の小林真一郎氏に「2020年夏季一時金の展望」について解説いただく。昨年10月の消費増税後に低迷していた国内景気は、年明けには持ち直しの動きも見られ、夏のオリンピック開催に向けて景気は勢いよく回復していくかと思われたなかで発生した新型コロナウイルスの感染拡大により状況が急変した。小林氏は「4~6月期は個人消費を中心として景気が急速に悪化することは確実」とし、「悪化ペースはリーマンショック並みとなる可能性もある」と分析する。その上で2020年夏季一時金の見通しについては、「減額、あるいは支給を取りやめる企業も出てくる」と見ており、「リーマンショック以来(2009年夏の前年比-9.8%)の減少幅に達する」と展望している。

(三菱UFJリサーチ&コンサルティング 調査部 小林 真一郎)

News

  • 後継者不足による生産性高い企業の廃業を懸念(中小企業庁が2020年版「中小企業白書・小規模企業白書」を公表)
  • 新型コロナで景気は「急速に悪化」(政府が4月の「月例経済報告」で判断)
  • 「パワハラ」を出来事類型に追加へ(精神障害の労災認定基準に関する専門検討会報告書案を公表)
  • 妊婦の在宅勤務・休業を義務付け(新型コロナのストレスが影響ある場合に)
  • 潜伏期間の状況から業務起因性判断(新型コロナの労災補償に関する通達発出)
  • 20年3月の有効求人倍率1.39倍(3年半ぶりの低水準に 厚労省まとめ)
  • 労働保険の年度更新期間を延長(新型コロナ影響で3カ月間に 厚労省)

特集トピックス

雇用調整助成金の特例措置を拡大

新型コロナの影響を受ける事業主が対象

連載Labor Radar

-最新の労働トピックをお届けします-

Vol.104

連載LGBT―はじめての労務管理―

第3回 ハラスメント・アウティング防止に向けた対応策

何が性的指向や性自認に関する差別的言動に当たるかを全従業員へ周知徹底を

(弁護士 森 伸恵)

連載職場トラブル解決のヒント!

< 72 >障害者への「合理的配慮」とは?

(弁護士 向井 蘭)

ファイルデータファイル

令和元年賃金構造基本統計調査

一般労働者の賃金は男女計で30万7700円

厚生労働省調べ

労務相談室

  • 労働基準法入社前の新入社員に自宅待機を命じて休業手当を支払う場合/雇い入れ前の社員の平均賃金の算定方法はどうすればよいか

【先見労務管理】読者会員専用サイトでは以上の記事の全文(PDF)を閲覧できます。

2020年5月25日号の目次(PDF)はこちら