• 先見労務管理
  • 管理・監督者のための実践情報誌
  • 労働調査会の定期刊行誌
  • 雇用管理・賃金管理を中心に豊富な情報を掲載
  • 難しい法律改正の内容を専門家が分かりやすく解説
  • 実務担当者に役立つ今日的な人事労務問題をタイムリーに紹介
  • 日常の労務管理に欠かせない各種統計資料も多数掲載
  • リアルな「労務相談」、シリアスな「労働判例」など必見の連載が満載

先見労務管理

  • 労働調査会
  • 読者会員専用サイト

本サイトは、定期刊行誌「先見労務管理」の読者会員専用サイトになります。発行いたしましたユーザーID、パスワードでログインできます。

新しくご入会をご希望される皆様には、本誌のご購読お申し込みの後に、閲覧のためのユーザーID、パスワードが発行されます。

定期誌・読者会員様 限定の書籍割引販売のご案内(2017年1月より受付スタート)

先見労務管理管理・監督者のための実践情報誌

雇用管理・賃金管理を中心に、事例紹介や運用実務を解説しています。特集では、人事・労務担当者に役立つ今日的な人事労務問題をタイムリーに紹介。日常の労務管理に欠かせない各種統計資料も多数掲載しています。また、「労務相談室」では、読者からの問合せに対し、専門の担当者が、労務管理上の問題解決のノウハウや各種資料データを、電話、FAXなどでお答えしています。

管理・監督者のための実践情報誌【先見労務管理】
~好評の別冊付録(最近の配布例より)~
  • 最新版モデル退職金
  • 人事院勧告にみる民間給与実態と俸給表
  • 組織マネジメント入門
  • 改正均等法のQ&A
  • 最近の労務相談事例
  • 採用から退職までの社内文書例
  • 改正均等法性差別禁止に関する指針

B5判/64頁/月2回(10日・25日)発行/年6回別冊付録つき

年間購読会費 60,480円(本体 56,000円 + 消費税 4,480円)

最新号「2017年5月25日号」ダイジェスト先見労務管理

特集2017年夏季一時金予想

1 解説/2017年夏季一時金の展望

平均支給額は2年連続増加の36万8272円

 特集1では、三菱UFJリサーチ&コンサルティング調査部の土志田るり子氏に「2017年夏季一時金の展望」について解説いただく。土志田氏は、2016年10〜12月期のGDP成長率は前期比+0.3%と4四半期連続プラスとなるなど「日本経済は緩やかに持ち直している」とする一方、「個人消費の伸びは力強さに欠ける」と分析する。2017年度は「緩やかな景気回復が続く」と見ており、16年度補正予算によって公共投資が増加することも「景気を下支えする」と見込んでいる。2017年夏季一時金の見通しについては、一人あたり平均支給額は36万8272円(前年比+0.9%)と2年連続で増加すると予測している。また、製造業は51万1217円(同+2.8%)、非製造業は33万8758円(同+0.6%)になると見ている。

(三菱UFJリサーチ&コンサルティング 調査部 土志田 るり子)

News

  • 回答額は7155円、アップ率は2.18%(経団連が大手の賃上げ回答状況(第1回集計)を発表)
  • 代々木公園に約4万人が集まる(第88回メーデー中央大会が開催)
  • 実行計画を踏まえての議論が始まる(労政審・第1回同一労働同一賃金部会)
  • 今年度の「雇用管理研修」がスタート(厚労省・建設労働者雇用支援事業)
  • 今月の資料室

連載Labor Radar

-最新の労働トピックをお届けします-

Vol.71

連載「多様な働き方」時代の賃金設計

<23>無期転換時の賃金の取り扱い方法

無期転換時にもランク型賃金表を応用

(株式会社プライムコンサルタント 田中 博志)

連載これで安心!ストレスチェックの実施実務

第18回(最終回):職場活性に向けた応用編―その⑤

ストレスチェックを企業変革に繋げる:個人と組織の活力を高めるキャリアコンサルタントの役割

(キャリアコンサルタント沢野敦子/医師・労働衛生コンサルタントさくらざわ博文)

連載職場トラブル解決のヒント!

< 36 >書面による合意があれば不利益変更は可能?

(弁護士 向井 蘭)

ファイルデータファイル

勤労者の仕事と暮らしに関するアンケート(勤労者短観)

自宅などで業務上のやりとりがある割合は3割超

連合総研調べ

労務相談室

  • 労働基準法実態と異なる就業規則の届出/労働基準監督署へは改定してから届けるべきか

【先見労務管理】読者会員専用サイトでは以上の記事の全文(PDF)を閲覧できます。

2017年5月25日号の目次(PDF)はこちら