• 先見労務管理
  • 管理・監督者のための実践情報誌
  • 労働調査会の定期刊行誌
  • 雇用管理・賃金管理を中心に豊富な情報を掲載
  • 難しい法律改正の内容を専門家が分かりやすく解説
  • 実務担当者に役立つ今日的な人事労務問題をタイムリーに紹介
  • 日常の労務管理に欠かせない各種統計資料も多数掲載
  • リアルな「労務相談」、シリアスな「労働判例」など必見の連載が満載

先見労務管理

  • 労働調査会
  • 読者会員専用サイト

本サイトは、定期刊行誌「先見労務管理」の読者会員専用サイトになります。発行いたしましたユーザーID、パスワードでログインできます。

新しくご入会をご希望される皆様には、本誌のご購読お申し込みの後に、閲覧のためのユーザーID、パスワードが発行されます。

定期誌・読者会員様 限定の書籍割引販売のご案内(2017年1月より受付スタート)

先見労務管理管理・監督者のための実践情報誌

雇用管理・賃金管理を中心に、事例紹介や運用実務を解説しています。特集では、人事・労務担当者に役立つ今日的な人事労務問題をタイムリーに紹介。日常の労務管理に欠かせない各種統計資料も多数掲載しています。また、「労務相談室」では、読者からの問合せに対し、専門の担当者が、労務管理上の問題解決のノウハウや各種資料データを、電話、FAXなどでお答えしています。

管理・監督者のための実践情報誌【先見労務管理】
~好評の別冊付録(最近の配布例より)~
  • 最新版モデル退職金
  • 人事院勧告にみる民間給与実態と俸給表
  • 組織マネジメント入門
  • 改正均等法のQ&A
  • 最近の労務相談事例
  • 採用から退職までの社内文書例
  • 改正均等法性差別禁止に関する指針

B5判/64頁/月2回(10日・25日)発行/年6回別冊付録つき

年間購読会費 60,480円(本体 56,000円 + 消費税 4,480円)

最新号「2018年2月10日号」ダイジェスト先見労務管理

特集春闘特集

2018年春闘特集 I

【インタビュー】連合 総合労働局 総合局長 冨田珠代氏に聞く 連合の2018春闘要求の背景と内容

2018春闘では賃金引上げと働き方の見直しを目指す

 1月23日、連合と経団連が春闘をめぐりトップ会談を開くなど、春闘は前哨戦に入った。連合加盟組合は2月末までに要求を提出し、3月月内解決を目指して交渉に入る。連合の要求方針は、定昇を確保したうえでベア2%程度、中小単組は定昇込み1万500円以上。昨年の春闘では300人未満の中小単組のベアが300人以上を上まわるという健闘をみせた。今春闘も企業規模間、雇用形態間そして男女間の賃金格差の縮小が、連合春闘の大きな目標となっている。一方で、働き方の見直しに向けて、長時間労働の解消など、働き方改革関連法案の内容を先取りした交渉も行っていく。連合の2018年春闘の取組方針について冨田珠代総合労働局総合局長にたずねた。(聞き手・編集部)

News

  • 妥結額は83万625円で5年連続の増加(厚生労働省「平成29年年末一時金妥結状況」)
  • 大学の内定率は86.0%で過去最高に(厚労省・大学等卒業予定者の就職内定状況(平成29年12月1日現在))
  • 雇用保険料率は1000分の9(労働政策審議会が答申を行う)
  • 有給取得率は2年連続増の49.4%(厚生労働省・就労条件総合調査)
  • 7割の企業が働き方改革に取り組む(経団連・経営層への意識調査)
  • 労働経済指標

判例詳解

連載195 フクダ電子事件(平成29・10・18 東京高裁判決)

従業員へのパワハラは退職強要に当たり違法

(実践女子大学非常勤講師 清水 弥生)

連載労働局NEWS

都道府県労働局の最新トピックをお届けします

NO.57

連載続・我が国の人事・労務管理のルーツを探る

今につながる、日本人の知恵

第24回 三井家の奉公人の労働条件(24)― 下男の処遇(2)と日雇のこと ―

(栩木 敬)

連載税務相談百例

連載< 200 >

平成30年度税制改正-個人所得課税の見直し-

(税理士 野村 浩子)

ファイルデータファイル

企業の多様な採用に関する調査

5割超の海外展開企業が 新卒採用に重点を置く

労働政策研究・研修機構(JILPT)調べ

労務相談室

  • 労働基準法学生が就業体験をするインターンシップ/労基法などが適用され、労災保険の給付は行われるのか

【先見労務管理】読者会員専用サイトでは以上の記事の全文(PDF)を閲覧できます。

2018年2月10日号の目次(PDF)はこちら