• 先見労務管理
  • 管理・監督者のための実践情報誌
  • 労働調査会の定期刊行誌
  • 雇用管理・賃金管理を中心に豊富な情報を掲載
  • 難しい法律改正の内容を専門家が分かりやすく解説
  • 実務担当者に役立つ今日的な人事労務問題をタイムリーに紹介
  • 日常の労務管理に欠かせない各種統計資料も多数掲載
  • リアルな「労務相談」、シリアスな「労働判例」など必見の連載が満載

先見労務管理

  • 労働調査会
  • 読者会員専用サイト

本サイトは、定期刊行誌「先見労務管理」の読者会員専用サイトになります。発行いたしましたユーザーID、パスワードでログインできます。

新しくご入会をご希望される皆様には、本誌のご購読お申し込みの後に、閲覧のためのユーザーID、パスワードが発行されます。

定期誌・読者会員様 限定の書籍割引販売のご案内(2017年1月より受付スタート)

先見労務管理管理・監督者のための実践情報誌

雇用管理・賃金管理を中心に、事例紹介や運用実務を解説しています。特集では、人事・労務担当者に役立つ今日的な人事労務問題をタイムリーに紹介。日常の労務管理に欠かせない各種統計資料も多数掲載しています。また、「労務相談室」では、読者からの問合せに対し、専門の担当者が、労務管理上の問題解決のノウハウや各種資料データを、電話、FAXなどでお答えしています。

管理・監督者のための実践情報誌【先見労務管理】
~好評の別冊付録(最近の配布例より)~
  • 最新版モデル退職金
  • 人事院勧告にみる民間給与実態と俸給表
  • 組織マネジメント入門
  • 改正均等法のQ&A
  • 最近の労務相談事例
  • 採用から退職までの社内文書例
  • 改正均等法性差別禁止に関する指針

B5判/64頁/月2回(10日・25日)発行/年6回別冊付録つき

年間購読会費 60,480円(本体 56,000円 + 消費税 4,480円)

最新号「2018年6月10日号」ダイジェスト先見労務管理

特集「職場のパワハラ防止対策検討会」報告書の概要

職場のパワハラとなる3要素を示し、今後は労働政策審議会で議論・検討を

 厚生労働省が3月30日に公表した、「職場のパワーハラスメント防止対策についての検討会」(座長:佐藤博樹中央大学大学院戦略経営研究科教授)の報告書では、職場のパワーハラスメントの要素として、(1)優越的な関係に基づいて(優位性を背景に)行われること、(2)業務の適正な範囲を超えて行われること、(3)身体的若しくは精神的な苦痛を与えること、又は就業環境を害すること──の3点を示し、(1)〜(3)のいずれの要素を満たすものを、職場のパワーハラスメントの概念として整理した。その上で、今後は労働政策審議会において具体的な内容の議論や検討が進められ、同省において措置が講じられることが適当であるとした。  特集では、職場のパワーハラスメントをめぐるこれまでの経緯と報告書の3〜6章のポイント、11ページからは報告書の一部を掲載する。

News

  • 大学の就職内定率は98.0%で過去最高(今春大学等新卒者の就職内定状況調査(4月1日現在))
  • 死亡者数211人で前年より18%減(厚労省・労働災害発生状況)
  • 「生活衛生関係営業」で初の事例集(厚労省が賃金引上げに向け作成)
  • 「フィードバックの充実」を最重視(学生がインターンシップのパネル討論)
  • 業務の内容や進め方に不安を抱く(シンクタンクの新入社員意識調査)
  • 大賞にあいおいニッセイと西部ガス(ワークライフバランス大賞表彰式)
  • 労働経済指標

特集特別寄稿

今春闘を振り返って

待遇改善の広がりを反映し前年を上回る

((株)プライムコンサルタント 田中 博志)

特集トピックス

平成30年度労働保険の年度更新等

労災保険率が改定され平均1000分の4.5に

判例詳解

連載199 日本郵便事件(平30・2・21 大阪地裁判決)

正社員と契約社員との扶養手当格差は不合理

(実践女子大学非常勤講師 清水 弥生)

連載労働局NEWS

都道府県労働局の最新トピックをお届けします

NO.61

連載続・我が国の人事・労務管理のルーツを探る

今につながる、日本人の知恵

第28回 三井家の奉公人の労働条件(28)― 奉公人の食事のこと その3 ―

(栩木 敬)

連載税務相談百例

< 連載203 >

少額の減価償却資産の取扱い

(税理士 野村 浩子)

労務相談室

  • 労働基準法会社で奨学金制度の導入を検討/労働基準法上の問題があると聞いたが

【先見労務管理】読者会員専用サイトでは以上の記事の全文(PDF)を閲覧できます。

2018年6月10日号の目次(PDF)はこちら